物語4(おこん登場) KITSUNE

※この一枚目、描き直しました。(2019/12/04)
傷だらけのおこん(描き直し) OKON
お玉『お母さんどうしたの!大丈夫?』

おこん『今そこで狛犬と喧嘩してきた。二匹で挟み撃ちしてくるから少し手こずったよ。』

このお玉の母こそいま江戸では知らぬ者のない最強妖狐(おこん)であった。

お玉ちゃんの母と戦った狛犬 KITSUNE
巫女さん『あなたたち誰とけんかしたの?』

怒る巫女さん KITSUNE
巫女さん『ちょっとそこの狐さん!うちの可愛い狛犬たちを傷つけたのはあなたね!許さないわ。』

おこん『許さないって、まさかお嬢さんその棒で私を倒すつもり? それとも… そうか呪術を使うつもりか!』

巫女さん『(えっ呪術って…そんなの習ってないけど)』

狛犬たちの事情聴取で聞いたのと同じ狐を発見し、慌ててお払い用の祭具を握りしめ追いかけたまではよかったが…

お玉の母最強モードで変身 KITSUNE
おこん『人間とは戦いたくなかったが呪術使いでは仕方がない。最強戦闘モードで変身! 』

お玉『この人、まだ何もしてないのに倒れちゃったけど… 』

おこん『ん? よく見るとこの娘どこかで… 』

巫女さんとの過去 KITSUNE
おこん『(そうか、思い出した。あれは十年以上も前、犬神との死闘で深手を負って、あの神社の裏手に里山モードで身をひそめていたとき、あのとき現れたおせっかいな娘だ… こんなに大きくなって。 しかも危険な呪術まで身につけたとは… )』

おこん『お玉、今日のところは帰るよ。』

お玉『?どうしたのお母さん。』

巫女さんとお玉の母が散歩ですれ違う1 KITSUNE
翌日、散歩ですれ違う二人…

巫女さんはこの間の最強戦闘モードを思い出し、かなりビビってます。

巫女さんとお玉の母が散歩ですれ違う2 KITSUNE

《終わり》

ほかの物語は一覧に戻ってからご覧ください。