2020初カラス

2020初カラス

今年の初カラスです。

かなり短時間で描いたけど、雑というより慣れすぎている感じかな?羽とか。

見ている人もこういうのは飽きてきたのかコメントも一件…😆

いやそういうことじゃなくて、表情から物語性をあまり感じないしあまり魅力がないということだろう。

それとも、良すぎて言葉が出ない!

それは違うな🤣

からす一家の三女黒菜 KARASU

からす一家の三女黒菜 KARASU
烏『ちょっと寒いけどひとっ飛びしてくるか。』

猫『にゃにゃにゃ(ダイエットだにゃ?)』

烏『うるさい!バカ猫』

からす一家の三女黒菜は黒葉の双子の姉…二卵性?…卵が先に出たからか?いや先に殻を出たからか…鳥ってみんな🤔 そのあたりはテキトーでよろしく😁

黒菜は前にも一度描きましたが、今回もそうですが黒葉の姉というには幼い感じで描いたのでもう双子ということにしました。が、鳥の双子って何なんでしょう。ぽこぽこっと卵を二個産んだら双子?そしたら鳥はみんな三つ子や五つ子ということになるけど。

あ、玉子を割ったときに黄身が二個あるのが本当の双子か!😆

追記:『卵』はさまざまな動物が生まれ育つためのもの、『玉子』は人間が食べるためのもの、ということでした。

久しぶりに黒亜 KARASU

久しぶりに黒亜 KARASU

妖怪カラス黒葉のお姉さん(長女)の黒亜です。黒亜は家族の中で一番の人間嫌いで、身のまわりの色々な物を妖術で操りいつも人間に悪さをして暮らしています。

妖怪仲間のウワサでは、むかし、付き合っていたイケメンの彼氏(妖怪でなく普通のカラス)が人間にかなり苛められたから、ということのようですが詳細は分かっていません。

前に描いた黒亜とまた違ってしまった。

最近目の描き方をいろいろ変えているから、前のような描き方が出来ないかも。

白蛇さんが冬眠しましたよ KARASU

白蛇さんが冬眠しましたよ KARASU
猫『にゃーにゃにゃにゃ?(にゃあ黒葉、毎年のことにゃけど、白へびさんの冬眠はにゃっぱり寂しいのかにゃ?)』

黒葉『そんなことないよ…バカ猫 』

白蛇さんが冬眠しましたよ KARASU

白蛇さんが冬眠しましたよ KARASU

蛇が枕?… いろいろツッコミどころ満載の冬眠シーンです。

去年もほとんど同ような絵を描いたのですが、それよりは良いかもしれません。

去年描いた絵?

恥ずかしいですが…お見せします。
公開日: 2018年11月30日

白蛇さんの冬眠 KARASU&SHIROHEBI1
白へびさん、もうかなり眠そうですよ。
白蛇さんの冬眠 KARASU&SHIROHEBI2
いえまだ大丈夫ですよからすさん、さあ飲みましょう…
白蛇さんの冬眠 KARASU&SHIROHEBI3
白蛇さんの冬眠 KARASU&SHIROHEBI4
白蛇さんの冬眠 KARASU&SHIROHEBI5

そんなに変わらない?😆

実は蛇はまぶたが無いので目をつむるという絵はうそになるんですが、妖怪だからいいですか😁

変なお月さま KARASU

変なお月さま KARASU
黒葉『猫ちゃん、今日のお月さま…なんかいつもと違うわね。』

猫ちゃん『にゃにゃにゃー(そんなことないにゃい、いつもと同じにゃ)』

思いつきというか、ちょっと意味不明😆

ダリのあの時計を思い出しました😁

からすの黒兵衛登場11(おまけ) KUBOBEI

からすの黒兵衛登場10(おまけ) KUBOBE1
乙姫『ほら見て、太郎ちゃんの生気のおかげで昔みたいに肌がツルツルになってだんだん若返ってきたよ!もうおしろいもいらないかなあ、ありがとうね太郎ちゃん!』

からすの黒兵衛登場10(おまけ) KUBOBE2
太郎『しょれは…ょかった…ぁ…ぁ… 』

からすの黒兵衛登場10(おまけ) KUBOBE3
父『なあ黒葉、なんであのとき乙は巨大化しなかったと思う?ふつう鬼が大きくなって戦えば、なかなか勝てる者も少ないのだがな… 』

娘『んー、海から陸に上がって妖気がまだ足りてなかったっていうのは本当だったのかもしれないし、あとは…あのとき太郎さんが目に入ったから、傷つけないように?どっちかでしょ? 』

父『うん…そうだなあ。 でももっと違う理由があったのかも… 』

からすの黒兵衛登場10(おまけ) KUBOBE
娘『違う理由ってなあに? あっ、ところでお父さん、あの乙さんっていう鬼と昔なにかあった?』

父『なにかって?なんだ?…なにもあるわけないだろ。なんだよその目は。』

娘『ふーん…いやただなんとなく。よく見たらけっこう綺麗な鬼だし…なんとなく… お母さーん、ちょっと聞きたいことがあるんだけどぉー 』

これで黒兵衛のお話は終わりです。お付き合いありがとうございました😊🙏

からすの黒兵衛登場10 KUBOBEI

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE0
黒兵衛『(…ここで乙が巨大化したら死人が何人も出るぞ…早くなんとかしないと)』

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE1

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE2

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE3
乙姫『 !(太郎ちゃん? なんで太郎ちゃんがここに… まさか後をつけてきた?) 』

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE4
黒兵衛『(なんだ?乙の様子がおかしい)』

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE5
乙姫『フフッ…まだ妖気が足りてなかったようだねぇ…あたしの負けだ、好きにしな黒兵衛。』

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE6
太郎『やめてくれっ!黒兵衛さん!』

黒兵衛『太郎さん!どうしてここに(変身を見られた⁉︎)』

太郎『乙は鬼だ…でも、いまは僕の嫁なんだ。お願いだ黒兵衛さん、乙には毎日僕の生気を食べさせる。もう二度とこんなことはさせないから、許してやってくれ!』

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE7
黒兵衛『なんと… 』

からすの黒兵衛登場9 KUBOBE8
乙姫『た、太郎ちゃん… 』

鬼の目にも涙、でおしまい。ちょっと簡単すぎたかな?😆🙌✨🙏