困ったやつは相手にしない件 AITENISHINAI

SNSをやっていていろんなフォロワーさんがいると時々困ったコメントやDMが来たりします。

しつこく自分のアカウントをフォローしてくれとか絵を見てくれとか、でもそういうのは少し困りはするけど全然大丈夫、

それはまだいいんです。

中には誹謗中傷や創作の邪魔をする人がいます。

なんか怖いこと言ってきたり、あんたの絵は誰かの真似じゃないかとか、あなたは才能がないとか、まあいろいろあります。

怖いお姉さんの戦い KOWAI-ONESAN

そんなに多くはないけど、

でも創作している人ならみんな思うだろうけど、ものを作る人ってみんなけっこう神経質だったりそういうことに対しては臆病だったりで、言われると考えこんだり悩んだりするんじゃないでしょうか。

まあ私のようにテキトーを極めて悟りを開いたおじさんはもう大丈夫ですが(ここ笑うところですよ)

みなさんはどうでしょう、

けっこうあるのかな?

ひとつ偉そうにアドバイスするなら、そういう言葉に対し、そこ(心の中の)には一切とどまらないようにしましょう。ということです。

自己紹介もせず、ただ相手が困るようなことを言う、それだけでその人物が礼儀を知らない人だということははっきりとわかりますよね。

そういう人は、話を聞く以前の人として相手にしない。

人間はいろんな人がいて、いろんな状況にいて、その人も本来は悪い人ではないのかもしれない。でもそんなことをいちいち考えていても神様じゃないからわかるわけもない。

礼儀もなしに他人の創作の邪魔をする人はとりあえず相手にしない。間違っていますか?

そういうことを自分で決め事にしてしまえばいいんです。簡単なことにしてしまえばいいんです。

そんなことに時間をさく暇があるなら、創れ、書け、描け、歌え(私は歌えませんが)です。

昨日とても嫌なコメントが来ました。

いつもは毎日のようにインスタグラムで投稿していますが、

いま絵の仕事の依頼があって投稿が毎日できません。

(理由は言いませんでしたがインスタで毎日投稿出来ないようなことは書きました)

ちょっと続けて似たような絵を描いたのもあるのかもしれないけど、こういうときに、アイデアがもうなくなったんだろう、とか、才能が枯渇したんだね、とか言ってくる人(昨日は海外の人、近くの国のそうアンタだよ!翻訳してゲゲゲだ!)がいます。

雷花(color) RAIKA

余計なお世話です。

無駄な時間と無駄な脳細胞は使わない。

すみません、ちょっと腹が立ったのもあるけど同じような目に会っている人もいるのかなという思いもあって、

インスタグラムに載せようかとも思ったけど思いとどまりました。あちらは神聖な場として?絵だけにして、見る人が少ないけどこのブログコーナーでとりあえず言いたいことを 笑

↑ 11/19 さっきのゲゲゲの人、ブロックしたのにまた違うアカウントから嫌がらせしてきた。いるんだねこういう嫌な人。ただ私はいま、邪悪なものや狂気には近寄らないという心の幸福用ルールを持っています。(実はそういうのにも興味があるのですが、これまで興味を持ちすぎてろくな結果にならなかったので)だから、文句を言ったりせずまたブロックして終わりにします。(実害があれば別だけどね)

それではまた。

さあ次だ次!