筆ペン画をデジタルにする手順の覚書

筆ペンで描いた絵をデジタルで加工する際の方法について、簡単な画像を使って学習していこう。

今日描いたおしづの絵の描き方がめちゃくちゃだったので。これ↓
おしづと犬(color)OSHIZU

球体と手すり、川、地面などをレイヤーで分けて、それぞれを他のレイヤーに影響を受けずに色を着けたい。

筆ペン画をデジタルにする手順の覚書

《切り取り》

オブジェクト選択ツールを先に使い、次にクイック選択ツールを使うと早く正確に出来る。この際、線も含めるようにする。ここではみ出している部分は消しゴムを使って整える。

※[メモ]オプションバーの[境界線を調整]を使うと細かいエッジの調整ができるようだ。あとでやってみよう。
※[メモ]「境界線調整ブラシツール」?そんなのあるのか?

選択エリアを確定してCtrl+Jでコピーを二つ作成し、下のレイヤーは(一番上のレイヤーの不透明度を変えた時)更にその下のレイヤーが映り込まないように白100%で塗る。これはあとで調整でも使えると思う。(ただの思いつきだけどいいかも)
※これ(白100%レイヤー)は必要な時だけの話。

変更。あとでまた、別ページでまとめよう。

あとで選択範囲の修正を行うことを考えればマスクを使った方がいいと思うが、実際やってみるとそこまでしなくてもという気がする。線はあとで書き足せるし。要はめんどくさそうだということだ 笑。

※[メモ]原画を乗算二回コピーすると黒髪がいい色になる。髪に限らず深みが出る。逆にソフトライトX2やほかのモードも効果に深みが出るので、これは使える。

《着色》

各部品レイヤーの描画モードは乗算、不透明度は100%のまま、ブラシを通常で不透明度を100%、流量100%で塗ってみよう(これは本塗、浮世絵モード 笑)。この上に描画調整用のレイヤーを作ってさらに描き込む。

《線の色だけを変える》

選択範囲(S)> 色域指定(C)> で線色をスポイトで指定し、許容量を変えて選択し選択範囲ができるので、レイヤー > 新規調整レイヤー > 色相・彩度、これで調整できる。

筆ペン画をデジタルにする手順の覚書

線の色だけでなくこれはいろいろと応用が出来そうだ。

または、選択範囲を塗りつぶす。これの方が簡単かな。でも微妙なグラデーションも消えるか。線ははっきりしていいような気もするし今後場合によって使い分けてみよう。

photoshop(21.1) 新バージョンの不具合

photoshop(21.1)にバージョンアップしたところ以下のような不具合が発生した。

→ブラシで描画すると高い確率で描き終わった点から左上に長い線が自動的に引かれる。

バグのようだ。ひどいときは連続でこの現象が起きるので使用に耐えられず、バージョンを一つ戻したところ(21.0.3)正常に。

環境によっては以前から起きることもあったようだが、環境設定をいろいろいじっても改善されないのでとりあえずこのまま使い次のアップデートを待って再インストールしようと思う。

環境設定→パフォーマンスの「従来の合成エンジン」にチェックを入れるとよいというような記事もあったが改善されなかった。また、同じく「キャッシュレベル」や「グラフィックプロセッサの設定」を変えてみたがこれも効果はなかった。

このバグを考えなければとても使いよさを感じていたので早く修正してほしいものだと思う。

2/28追記↓

アップデートの知らせが来たので、最新版をインストールしてみたら問題が解決されていた。意外に早かった。

タグ一覧を廃止しました

見やすくしようと考えてタグをつけて付けていた(つもりだった)ものの、振り返って投稿一覧を見ると、忘れていたり、同じような内容でも一方が付けていて一方は無し、または「その他」タグだったりとちょっと収拾がつかない感じになっていました。

tag

もう一度タグを付けなおすかどうか考えていましたが、今回サブカテゴリーというものを使い、今後タグを廃止することにしました。SEO的にもその方が良いようです。

あるテーマに沿ったものをそれぞれのサブカテゴリーに入れ、それ以外は何も設定しない「さまざまなイラスト」という意味合いにしようと思います。

時間かかりそうですが少しずつまとめて、メニューへ追加します。(タグ一覧はすでに外しました。)

これに限らず仕事でも「その他」という便利なものは極力使わない方が良いなと思いますね。テキトーな自分がもっとテキトーになってしまうようで 笑。

誰も来ないようなこのサイトですが、最近なんとなく少しずつ訪問者が増えてきているようで、少しちゃんとしようかなと思った次第です。

インスタグラム経由で仕事の依頼

先日、インスタグラムをいつも見て頂いているというある社長さんからのご依頼でイラスト制作の仕事をさせていただきました。

ネットではアウトソーシングサイト経由での注文は何回かありますが、インスタグラムを見て絵を気に入っていただいてというのは初めてで、とても感激しました。

2017年の9月18日からインスタグラムを始めて一年と八ヶ月。おかげさまでいま現在のフォロワーさんは2,300人を超えました。

フォロワーさんはじめいろいろな方に感謝しながら、結果に立ち止まらず、テキトーにこのまま行ってみましょう。

インスタグラムのプロフィール欄に『お仕事のご依頼は…』って書いてみようかな😁

ひとりごと

『結果がすべてだ』なんて言う人がいるけど

違うと思う。

というか、この言葉には気をつけたい。

結果ばかり見ているとそこに立ち止ってしまうから、無駄が生まれるし

隙も生まれる。

まあちょっとしたお祝いだったり反省会だったりという意味合いなら、少しはいいかもしれないけど

でも、大切なのは

やり続けることだ。

常に。

大切なのはそこ。

(結果はおまかせだよ)

出た結果(良くも悪くも)に押さえつけられて身動きが取れないなら

頭から結果をぜんぶ捨ててしまおう。

あとはいつも通り進むだけ。

(それが楽しいんでしょ?でニコニコ)

※↑えーこれは酒気帯び投稿です。いつもこういうのは後で消すんですが、今回はなかなかいいこと言っているようなので残しておきます。😆

覚え書き(帯 – お太鼓結び)

覚え書き(帯 - お太鼓結び)

お太鼓結び

帯の覚え書き お太鼓結び

いつも描いているこの帯、こういうのが当たり前だと思って描いてきましたが、じつはこの形は江戸の後期に江戸深川の芸者さんたちがやりはじめて、本格的に流行りだしたのは明治になってからということなんですね。

…これはこまったぞ、まあ今までの絵はみんな江戸後期ということにすればよいか、なんて言っている場合ではなく、たしかにあらためて浮世絵や時代劇なんかを見るとこの帯は見ませんねえ。

まあとりあえず覚え書きはこれで描くとして、違う帯もこれから描いていくことにしましょう。

ちなみにお太鼓結びイコール名古屋帯と覚えていたわけですが、名古屋帯が名古屋で考案されたというのは間違いないのです。

が、なんとその時期、ウィキによれば『大正末期に名古屋女学校(現在の名古屋女子大学)の創始者越原春子が考案した。』とある。つまり、深川の芸者がしていたお太鼓結びは名古屋帯と呼ばれるものではなかったのです。

浦沢直樹「夢印」ひとめでレジへ MUJIRUSHI

浦沢直樹「夢印」ひとめでレジへ MUJIRUSHI

時間つぶしに本屋に行ったら、浦沢直樹「夢印」が置いてあり、ひと目見て一瞬でレジへ。

本屋へは最近ぜんぜん行ってなかったけど、たまには行かないとね。

一気に読むともったいから少しずつ読もう。

ちょっとしたメモ

数日前から鉛筆も筆ペンもなんというか… けっこう勝手に動くようになってきた。(と感じる)

自分で描いたはずの絵に『へぇーなるほど!』と思う自分がいる。

毎日描いていると何かしら変化が起きるようだ。

『要注意!』と左脳さんが呟く。

無視無視。(笑)

落書き

Storiesで紹介していただきました。

@tobi.the.kidさん がインスタのStoriesで紹介してくれました。

はじめてなので祝記念、貼り付けておきます。

@tobi.the.kidさん

インスタ初めて十ヶ月、もっと英語ができたら… と今までこんなに思ったことはないかもしれません。

コメントにも四苦八苦してなんとか返事してますが、最後は絵文字多用でごまかしてます。(笑)

でもインスタのおかげで最近まちがいなく英文の理解力は増してる。

あと、スペイン語やドイツ語、イタリア語の挨拶なんかも。

実に面白い。

インスタを教えてくれた君、感謝してますよ。😊

おすすめの消しゴム

おすすめの消しゴム

ずっとトンボのMONO消しゴムを使っていたのですが、たまたまとあるホームセンターで見かけた写真左下の消しゴムがとても素晴らしかったのでご紹介します。

メーカーはPLUSさん。商品名はW AIR-IN(ダブルエアイン)。

裏の解説には、『2種類のエア配合、エア入りカプセルパウダーと多孔質セラミックス・パウダーの働きで、軽くスッキリ消すことができます。』とあります。

使ってみて驚きました。本当に軽くよく消えます。慣れたら細い消しゴムもいらなくなりそう。

PLUSさんありがとう。

追記:2018/07/13

その後、「AIR」のつく消しゴムを二種類買ってみました。トンボとペンテルですが、このPLUSの消しゴムには全然かないません。

この消しゴム(ダブルエアイン)が今のところ最高ランクです。