おすすめの消しゴム

おすすめの消しゴム

ずっとトンボのMONO消しゴムを使っていたのですが、たまたまとあるホームセンターで見かけた写真左下の消しゴムがとても素晴らしかったのでご紹介します。

メーカーはPLUSさん。商品名はW AIR-IN(ダブルエアイン)。

裏の解説には、『2種類のエア配合、エア入りカプセルパウダーと多孔質セラミックス・パウダーの働きで、軽くスッキリ消すことができます。』とあります。

使ってみて驚きました。本当に軽くよく消えます。慣れたら細い消しゴムもいらなくなりそう。

PLUSさんありがとう。

追記:2018/07/13

その後、「AIR」のつく消しゴムを二種類買ってみました。トンボとペンテルですが、このPLUSの消しゴムには全然かないません。

この消しゴム(ダブルエアイン)が今のところ最高ランクです。

筆ペン5色セットを買ってみました

色つき筆ペン

手作り毛筆ペン5色セットを買ってみました。(あかしや 筆ペン 極細毛筆 彩 ThinLINE 深みのある5色セット ¥984)

墨色、青墨、水浅葱、千歳緑、檜皮色の5色ですが、思っていたよりも細いペンで、あっという間にインクがなくなるんじゃないかなという気もします。

今年、筆ペンどんだけ買った?
ちゃんと使おう。

右向きか左向きか

絵を描くとき人物その他を右向きに描くか左向きに描くかについてはどうも書く前に決められているらしい。

自分の絵の場合ほとんどが架空の世界だし、何であれ左右どちらでもいいはずなのだが、すでに決まっている向きを変更することは出来ない。

これはまったくもって右脳の仕業。何も論理的な理由が見つからない。でも決まってしまっている。

亀で引越し

おそらく深層には理由があるのだろうが、言葉の領域ではないというのがわかる。この亀と猫ふたつの左右逆は(右脳主導では)有り得ない。

猫と亀…別に書きやすさではないし、何だろうか、亀の引越しは左、猫の散歩は右という何かがあるのか?

参考写真の影響を考えたが、左右別にどちらでも良い内容だった。というかどんな画像もアプリで簡単に左右反転してしまうのでこれも違う。もっと前に決まってしまっているのだ。

論理的思考の外にあるのが右脳感覚なので意識して考えてもわかるわけはないが…

最強猫又の散歩

結局、左脳も『それでいいです。』となる。これは左右がうまく行っている場合で、時に左が無理(理屈)を言って反対に描こうとするとうまく描けなくなったりする。

以上これを妄言と思う人と『そうそう』と思う人がいると思う。

人間は興味が尽きない。

インスタグラムのハッシュタグが反映されない不具合の件

先週の終わりごろからインスタグラムのハッシュタグが反映されない不具合が発生しています。

①すべてのタグが反映されないのかというとそうでもなく②すべての投稿が反映されないのかというとそうでもなく③すべての人が反映されないのかというとそうでもない、何とも分かりづらい不具合です。

先週はネットで探してもこの件について記述が現れないので、最初は自分だけおかしいのかと思っていましたが、昨日あたりからやっと以下のような苦情が出てきて少しほっとしています。

『インスタがここ何日か投稿しても反映されていないみたいです。』
『バグに気づいたのは土曜日くらい 自分の投稿がハッシュタグに反映されてない。』
『ハッシュタグが反応しないです』
『相変わらず対応おせーなインスタ運営は。』

ハッシュタグが反映されないということは、自分のフォロワーさんやフォロワーさんの”いいね”を見た人以外には自分の投稿の存在がわからないということですから、当然”いいね”が減ります。

インスタグラムのアップデートの気配はないし、インスタグラム運営者からの情報も無いしで、(自分も含めて)皆さんかなりストレスになっているようです。

タイミング的には、15日のアップデートからおかしくなった、というのはほぼ間違いないようです。

タグを減らしたり、投稿の時間帯を変えたり、投稿後に編集をしてみたり、いろいろやりましたが解決策はまだ見つかっていません。

よくみるとかなりの時間が経ってから反映されていたりもするので、アップデートに関係してハッシュタグデータの更新が極力遅くなってしまったのではないか?と考えています。人気タグほど反映が遅いことも考えられますが、でも人気タグの場合は時間が経ってしまうと存在しないも同じなのでほとんど意味がありませんが。

iphoneだけの問題なのか?地域的なことも関係あるのか?タグの種類と関係あるのか?

今日はこのあとPCから投稿してみようかなと考えています。

追記:PCからやってもダメでした。復旧を待つしかないようです。

確かに”いいね”は絵を描く推進力にはなるが、目的が”いいね”に置き換わってしまわないように注意しよう。

筆ペン追加しました。

筆ペン

アマゾンからいま届きました。

「完美王」だなんて、すごい名前付けましたね、くれ竹さん。

まだ試してないけど、インクをしぼり出さなくてもいいタイプで思いのままに書ける(描ける)らしいです。

写真の一番右が切れてますけど、あれは「極細」です。

画材いろいろ買いました。

画材

一月三日、注目の富岡八幡宮へ初詣したあと、これを買いに八重洲の大丸に行ってインフルエンザに罹ったようです。

エレベーターが込んでいたので、八階の東急ハンズまでエスカレーターでとろとろ登っている間に吹き抜けから大量のB型インフル飛沫シャワーを浴びてしまったんだろうと、そんな気がしています。

画材というより文房具。でもこれ買うのに一時間以上幸せそうにうろうろするんですから、ちょっと変?

深川江戸資料館

絵の参考になるかな?と思い、深川江戸資料館に行ってきました。

深川江戸資料館入り口

都営大江戸線の清澄白河駅から歩いて5分のところにあります。

深川江戸資料館

深川佐賀町の町並みを再現しているそうですが、米屋、八百屋、魚屋、など数軒の家とやぐらや船着場などがフロア内に展示されています。

深川江戸資料館

この資料館の良いところは、建物の中に自由に入れるところ。さらに、入って行燈やら、食器やら火鉢やら、大福帳、触っても怒られないようです、というか触りまくりましたが何も言われませんでした。

深川江戸資料館

深川江戸資料館

深川江戸資料館
この大福帳はおそらく本物です。少し感動。

深川江戸資料館

深川江戸資料館

深川江戸資料館

深川江戸資料館

ほかにも実際に江戸時代から使っていたものがけっこうあるそうです。遠くでかすかに案内係がそう説明しているのを聞きました。

フロアー面積の割には案内係がけっこういます。気軽に何でも教えてくれますよ。入館は大人400円。

お土産の手ぬぐい
お土産は手ぬぐい。こちらは1,300円。

運慶展

運慶展に行ってきました。

東京国立博物館

まだ心の奥底で感動しています。

この運慶展はどの作品もすぐ近くで360度見られる形式になっていたので、しっかりと鑑賞することができました。

おそらく自分は鉄道博物館で電車を見る鉄道オタクさんたちと同じ状態だったかもしれません、かなり興奮していました。人と肩がぶつかって何度頭を下げたことでしょうか。

多くの作品の中に運慶の父(康慶)の作品や運慶の息子(湛慶)の作品もありましたが、よく見るとそれらは違うものだとわかります。何といいますか、運慶のは衣の端もぎりぎりの形をしている、すべてが動き出しそうな、動いたままのような、そんな形でした。

図録

買ってきた図録を見てみました。

どれも迫力ある良い写真で、今後も参考になるとは思うものの、その場で見なくては伝わってこないものが多いというの分かる。

これからも美術館にはどんどん出かけて多くを心に刻むつもり。

お土産はこの図録となぜか売っていた京都の”おたべ”、それから手ぬぐいとルーペ?

レオナルド×ミケランジェロ展


「レオナルド×ミケランジェロ展」を見に、三菱一号館美術館に行ってきました。

東京駅から5分くらいのところに建つ、レンガ造りの美しい美術館です。

レオナルド×ミケランジェロの二人は仲が悪かったようです。

レオナルドさんが『彫刻なんて絵にはかなわないよ。へへっ。』といつも言っていたのが一番の原因らしいのですが、

それに対してミケランジェロさんは『まあまあ、絵も彫刻もどちらも素描から生まれた姉妹のようなものではないですか。仲良くしましょうよ。』と言っていたそうです。

ミケランジェロさんの方が大人の対応に聞こえますが、レオナルドさんより25歳年下です。

今回の展示は素描が中心。素描が大好きなのでとても楽しめました。

ほとんどが撮影禁止でしたが、二人の代表的な素描二点の拡大レプリカが「撮影可」となっていて、皆さん一生懸命にカシャカシャ!カシャカシャ!撮影していました。こんなの撮影してもしょうがないだろうと思いながらも1枚カシャ!

お土産は総合図録とフィレンツェペーパーという美しい紙で包装されたノート。1600円。たぶん一生使わないノート。

北斎美術館

特別展「北斎×富士 ~冨嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ~」が見たいということで後輩を誘って北斎美術館へ行ってきました。

東京都墨田区、両国駅から東へ線路沿いに少し歩いたところにある、まだ新しい美術館です。

北斎美術館

北斎美術館

北斎美術館

北斎美術館

外国の方もたくさんいました。海外での北斎先生の人気は今も衰えていないようです。

特別展の展示物は撮影禁止。今回の特別展では富嶽三十六景すべての絵が展示されていました。

北斎美術館
※江戸川画爛ではありません。念のため😁

富嶽三十六景はもちろんすばらしいものですが、私には常設展示にあった素描たちや蝋人形もなかなか興味深く、

北斎美術館

北斎美術館

それほど大きい美術館ではありませんが、北斎について、浮世絵について、興味のある方はこの専門美術館に一度足を運んでみてください。

お土産は、飴玉。

飴玉

この飴玉のケース、なかなかいいですよね。